全国シニア将棋名人戦(通称、シニア名人戦)

 

日本将棋連盟の主催で行なわれ、日本将棋連盟の支部会員のみ参加資格がございます。通称「シニア名人戦」。
60歳以上のアマチュア将棋最高位を決める大会として、例年参加者も多い。


大会概要
概要
年、1月~3月頃にかけて、都道府県代表選考会(予選)を各都道府県単位で行います。代表となった選手は、例年4月頃に行われる東日本大会、西日本大会を競技します。また、東西大会の優勝者同士で、東西決戦を例年5月頃に行います
参加資格
その年の、1月1日現在で満60歳以上の支部会員となります。
選参加について
所属支部の所在地の都道府県の予選大会に参加してください。なお、前回代表になった方は出場できません。
異なる地域の複数の支部に登録されている会員であっても、シニア名人戦の代表選考会に参加できる機会は1回のみです。

大会についてのお問合せ
日本将棋連盟普及部にメール (fukyu@shogi.or.jp)もしくは、電話(東京本部・03-3408-6165、関西本部・06-6451-7272)までお問い合わせください。

 

西地区大会

 

 

 

 

 

 

  •  
  • 平成31年 第26回シニア名人戦

    優勝は、平野眞三さん(斑鳩町)

      連続(隔年)優勝の平野さん、西日本大会から全国優勝を期待しています。

  •  決勝戦譜 ▲横田寿善-△平野眞三
    •       第1図は、よくある形?、いや一手遅れて、玉と金の位置のが逆ですね。
            第2図の、▲6七角は意味深淵、筋の良い一手に見えるが、結果
                 悪手で、まるまる桂損となり敗因になってしまった。
            参考図は、局後盤側の野次馬さんが開口一番、第2図の▲6七角に替えて
                 ▲5六歩△同銀▲3八角、で先手優勢ではと指摘された局面です。
                 以下、どのような展開になるか見たかったですね。
            投了図前は、後手、自陣を返り見ず、読み切った高速の寄せで盤側を圧倒。

            今回のシニア名人戦決勝戦は、連続(隔年)優勝の平野さんと、連続準優勝の
            横田さんとの頂上決戦で幕が降りましたが、平野さんは西日本大会が待って
            います。優勝候補の一人です。実力を発揮されることを願っています。
            今回の参加者19名のうち、元県代表経験者は11名でした。
              
                                           (見谷)
  • 今回準優勝の横田さん、3位の大薮さん、は前年度と同じですね?、来期は?、他の皆様も
    全員優勝候補です、次回も元気で出場しましょう。
  •  左より、4位・笠井 潔さん、3位・大薮 茂さん、準優勝・横田寿善さん、優勝・平野眞三さん
     結崎支部支部長・吉岡秀夫さん


平成30年 第25回シニア名人戦

  優勝は、川久保正好さん(天理市)

左から、3位・大薮 茂さん、優勝・川久保正好さん、準優勝・横田寿善さん

第25回シニア名人戦。奈良県代表の川久保正好さん、4月21日(土)「ザマ-カススクエア神戸」で行われた西地区大会では予選2勝1敗で通過、決勝ト-ナメント1回戦 惜敗。下記の譜はその残念譜、後手▽54馬から▲65銀打▽53馬の局面、以下一目▲85桂で先手勝勢。……が、指し手は92歩成?このクラスは一手の緩みで流れが変わる……残念!。                                                                                                     (見谷

  • ●川久保正好(奈良県) - 〇辻 清治(兵庫県)
  •  

平成29年 第24回シニア名人戦   

優勝は、平野愼三さん(斑鳩町)

 

平成28年 第23回シニア名人戦

優勝は、森山昌彰さん

過去の成績